太陽光発電の利点と注意点|太陽光発電を生活に取り入れる【基礎知識を紹介】

太陽光発電の利点と注意点

屋根

太陽光発電のメリット

自宅で太陽光パネルを設置して、太陽光発電をするメリットはいくつもあります。その中でも3つのメリットを紹介します。1つ目のメリットは、電気料金の削減です。太陽光パネルの一番の設置目的は、電気料金の削減でしょう。太陽光パネルを設置することによって日中の電気はほとんどまかなうことができます。夏場のエアコンや、冬場のヒーターにかかる電気も太陽光パネルを設置していれば発電した電気を使うことができるので、電気料金の心配をする必要がありません。オール電化ならば、電気を使って料理をすることもできるのでガス料金の削減にもなります。2つ目のメリットが売電によるメリットです。太陽光パネルで発電された電気は、電力会社へ売ることができます。1kwあたり30円以上で買い取られることが多いので売電することで残りの電気料金を支払うこともできます。売電によって得られるお金も考えれば、電気料金は実質0円になるといっても良いでしょう。3つ目のメリットは、災害時でも安心できることです。大きな地震や台風で停電になることは珍しくありません。太陽光パネルを設置していれば、災害時に停電が起きても自宅の電気をつけることができます。電気がつくということは大きな安心要素になるはずです。以上の3つが太陽光発電のメリットになります。

太陽光発電の注意点

太陽光パネル設置で注意すべきことは主に2つあります。1つは太陽光パネル設置の初期費用です。太陽光パネルの設置費用は年々下がってきてはいますが、それでも100万~200万円かかってしまいます。この値段は決して安いとはいえません。売電を行っても、元を取るのに約7年ほどかかります。数年使用して費用を回収すれば、あとは売電で得たお金は自分の利益になります。とはいうものの、やはり100万~200万円という金額は簡単には出せません。2つ目の注意点は、メンテナンス費用です。台風や積雪でも不具合が出やすい太陽光パネルは、設置費用だけではなく、定期的なメンテナンス費用もかかってしまいます。太陽光パネルの設置の際は、この2点の費用についてもよく考えておくようにしましょう。

京セラの太陽光パネル

近年、京セラの太陽光パネルの人気が高まってきています。京セラの太陽光パネルは、他のメーカーに比べても小さくて設置しやすいことが大きな特徴です。小さいので、奇棟屋根のような設置が難しい屋根でも設置が可能で、無駄なスペースを作ることもないのでまんべんなく太陽光パネルを設置することが可能です。屋根が小さな家や、複雑な家、少しでもスペースを有効活用して多くの電気を発電したい家などに利用されています。

広告募集中