太陽光発電について詳しくなろう

太陽光パネルを設置することで、電気をつくり、電気料金の節約を目的とする太陽光発電について基本的な知識を勉強しておきましょう。これであなたも太陽光発電通です。

単結晶パネルと多結晶パネルの違い

単結晶パネル

太陽光パネルの種類の1つである単結晶パネルは、結晶が規則正しく並んでいて、高効率で発電することが可能で熱に強いことが特徴になります。

多結晶パネル

太陽光パネルの種類の1つである多結晶パネルは、結晶が規則正しく並んでいないので、単結晶パネルに比べると効率は悪くなりますが、低コストで設置することが可能という利点があります。

役立つ知識を身につけて上手に節約

太陽光パネルにはいくつかの種類があり、その種類について知ることで、初期費用や設置後の効率、維持費を上手に節約することができます。役立つ知識を身に着けておきましょう。

太陽光パネルの種類のポイント

太陽光パネルには、単結晶パネルと多結晶パネルの2種類があり、単結晶パネルは高効率で高価、多結晶パネルは低効率だが安価であることが特徴です。

よくある疑問を解決

太陽光パネルの設置を検討している方が始めに考えることは、雨天時の太陽光パネルの発電と、太陽光パネルの設置場所です。2つの疑問点をここで解決しておきましょう。

[PR]

ソーラーシェアリングの専門業者
空いた土地を利用して収入をGET☆ 群馬にある太陽光発電設置の専門業者
コスパ◎な施工を実施中! 福岡で太陽光発電パネルを設置してもらおう
優良店を厳選特集☆ 再生可能エネルギーを提供中♪
電気会社の変更を検討してるなら必見! 宮城で太陽光発電を設置してもらおう
優良店の情報を大公開☆

太陽光発電の疑問解決

女性

太陽光発電は雨や曇りでも発電できるか

太陽光発電は、その名の通り太陽の光によって発電するシステムです。しかし、だからといって雨やくもりで発電しないわけではありません。雨や曇りの日もわずかながら太陽の光は届いているので、その光で発電することが可能です。特に最近の技術の進歩は目まぐるしく、一昔前ならば難しかった明るさでも十分に発電することが可能です。福岡や名古屋に住んでいる方も、安心して利用することができます。

屋根の形状で設置費用は変わるか

太陽光パネルは、屋根の上に設置することが一般的です。しかし、屋根といっても様々な種類があります。屋根の種類によって太陽光パネルの費用は変わってしまいます。片流れ屋根という屋根のタイプは、一番太陽光発電に向いているといわれていて設置費用も安くなります。複雑な屋根の形ならば、費用が高額になるか、もしくは設置できない場合もあるので事前に業者へ見積もりをしてもらうことが大切です。京セラの太陽光パネルは、複雑な屋根でも設置しやすいというメリットがあります。しかし、屋根に設置できなくても庭があれば庭に設置することも可能なので、屋根の形が複雑な方は、庭に設置するタイプの太陽光パネルも調べておきましょう。

[PR]

広告募集中